プロフィール

井垣太介 (Taisuke Igaki)

Author:井垣太介 (Taisuke Igaki)
日本及び米国NY州弁護士
 @西村あさひ法律事務所

ブログ全記事表示

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インサイダー取引規制について(その2)~重要事実の意義~

上場会社の役員や従業員は、一般の株主には容易にアクセスできない「株価に影響を与える情報」に接する機会が多いと言えますが、それらの情報を利用した内部者の株取引を規制しなければ、一般投資家は著しく不利な立場に置かれ、市場の公正性と健全性が損なわれてしまいます。そこで、インサイダー取引の厳格な規制が必要になってくるわけですが、まずは、何がインサイダー情報となるのかについて見ていきたいと思います。

インサイダー取引の対象となるのは、趣旨から考えて、投資判断上重要な影響を与える情報ですが、金融商品取引法はこれを「重要事実」という言葉で表現しており、次の①~④がこれに該当します(*1)。

① 決定事実: 会社(子会社を含む)の業務執行機関が意思決定したもの(*2)
② 発生事実: 会社の意思にかかわりなく発生した事実(*3)
③ 決算情報: 会社の決算情報に関するもの(*4)
④ その他: 会社の運営、業務又は財産に関し、投資者の投資判断に著しい影響を及ぼすもの(*5)


上記のうち④は①②③で拾えない事実を包括的にカバーするため、「バスケット条項」と呼ばれています。この「重要事実」要件に関して実務上最も問題になるのが、
ア どこまで具体的な内容が決まれば「重要事実」になるのか(重要事実の「成熟度」の問題
イ 誰が決定すれば「決定事実」となるのか(重要事実の「決定」の解釈の問題

という二点です。

まずは、アの重要事実の「成熟度」の問題ですが、例えば、合併を例に説明しますと、合併計画が持ち上がり、最終的な合併契約の締結に至るまでには、
・ 一方の当事会社のみが合併のプランを立てた段階(相手方は知らない)
・ 一応、双方当事会社が合併について前向きに検討することを口頭で確認しあった段階
・ 当事者の了解事項を書面に残しておくために基本合意書(Letter of Intent)が締結された段階
・ Due Diligenceを実施した段階
・ 本契約の締結交渉に入った段階
・ 本契約を締結した段階
といった「成熟度」に関する複数の段階が存在します。初期の段階では事実上白紙に近い状態ですので、単に片方の当事者が一方的に計画を立てているに過ぎない段階でインサイダー情報と言ってよいのか疑問がある場合もあります。

この点について、立法担当官は「具体的に特定された合併の実施に向けての調査や準備、交渉等の諸活動を当該会社の業務として行う」と、これは「重要事実」になると説明しています。すなわち、「重要事実」に該当するために合併本契約の締結が必要でないのはもちろんのこと、原則として法的拘束力を有しない基本合意書(Letter of Intent)の締結前であっても、ケースによっては「重要事実」に該当しうる場合があると理解すべきだと考えます。実務上は、とにかく、合併計画に関する情報はかなり早い段階でインサイダー情報になるという基本理解の下で情報管理を進めるべきでしょう。

続いて、イの重要事実の「決定」の解釈の問題ですが、会社法の基本的理解に則して取締役会が機関決定を行えばそれをもって「決定」になる(それまでは「決定」ではない)と考えることは危険です。判例は、意思決定プロセスの実態を会社ごとに見た上で、実質的に会社の方針が決定された時点でインサイダー情報になるという考え方を採っています。すなわち、代表取締役や代表執行役の意見表明が事実上取締役会決議の結果を左右している会社もあれば、常務会の決定が事実上の最終判断という会社もあるでしょう。実務上は、このような各会社の実態によっては、たとえ検討初期の段階であっても「決定」があったとみなされるケースがあることを念頭に置いて、早め早めに情報管理体制に入ることが必要になります。


(*1) ただし、内閣府令が定める軽微基準に該当するものを除きます。
(*2) 新株発行、資本減少、自己株取得、株式分割、増配・減配、合併、会社分割、株式交換、株式移転、事業の全部又は一部の譲受又は譲渡、業務提携など
(*3) 災害による損害、主要株主の異動、法令に基づく処分など
(*4) 売上高・経常利益・純利益の業績(予想)の修正などであって、内閣府令に定める重要基準に該当したもの
(*5) 経営統合、資源の採掘権の取得、企業不祥事、粉飾決算など

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taiigaki.blog62.fc2.com/tb.php/92-f116c106

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。