プロフィール

Author:井垣太介 (Taisuke Igaki)
日本及び米国NY州弁護士
 @西村あさひ法律事務所

ブログ全記事表示

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Go-Shop条項~競合買収提案に対する対応~

Go-Shop条項に関しては、実際に競合買主候補が出てきた場合に、どちらを優先提案として受け入れるべきかに関する判断が難しいといった問題があると、<Go-Shop条項の存在意義と内容>のコラムで書きましたので、今回はこの点のフォローをしたいと思います。

Go-Shop期間中に競合買主候補が出現しなかったケースにおいては、そのまま当初買主候補とクロージングを迎えることになるため、比較的問題は少ないと言えます。問題は、Go-Shop期間中に競合買収提案(Acquisition Proposals)がなされた場合の処理方法ですが、この場合、売主としては、Go-Shop期間の終了(「No-Shop期間の開始」とも表現する)とともに、競合買主候補者に対する勧誘・交渉行為を全てストップした上で、当初買主候補に対して、
① 競合買収提案の数、
② 競合買主候補者が誰であるか、
③ 競合買収提案の骨子

を、一定時間内(通常、24時間ないし48時間内)に通知しなければなりません。これにより、当初買主候補としては、競合提案に対して更に好条件を提示するか、取引を断念するかを検討できる機会(これが「当初契約者による再交渉権(Matching Right)」と呼ばれる権利につながる)を与えられます。

他方、売主の取締役会は、当初提案を受け入れるか、競合買収提案を受け入れるかを選択しなければなりません。この点、米国のM&A契約書でよく見られるのが、取締役会は、
① フィナンシャル・アドバイザーおよび社外の弁護士と協議の上、
② 善意にて(in good faith)、
③ 競合買収提案が、「より優れた提案」(Superior Proposal)か否かを判断しなければならない

とするものです。契約書においては、「より優れた提案に該当する」と取締役会が判断した場合には、当初買主候補との間の契約を解除することができる旨も併せて規定されます(この場合には、いわゆるターミネーション・フィー(Termination Fee)が発生します)(*1)。

ここでは、何をもって「より優れた提案」(Superior Proposal)と評価するのかが問題となります。この点、「より優れた提案」の定義としては、競合買収提案(Acquisition Proposals)の定義を更に絞り込んだ上で(例えば、競合買収提案においては資産等の25%以上の取得行為とされていたものが、「より優れた提案」に該当するためには売上・資産・議決権の50%以上を取得することが要求される)、「株主にとって経済的により有利な提案であること(a transaction that is more favorable from a financial point of view to the stockholders of the Company than the transactions contemplated hereby)」という表現が使われることが多いようです。しかし、「より優れた提案」に該当すると取締役会のみで判断することは困難であることが多々あるため、大手インベストメント・バンク(a nationally recognized investment banking firm)等のフィナンシャル・アドバイザーから意見書を得て最終判断に至るのが通常です。むしろ、当事者間で「より優れた提案」に該当するか否かを巡って紛争が起こる可能性があるため、「フィナンシャル・アドバイザーの意見書」が、取締役会がより優れた提案であると決定するための条件となっていることが多いと言えるでしょう。

「より優れた提案」かどうかを巡って提起された裁判例については、別のコラムで紹介したいと思います。


(*1) Go-Shop条項が盛り込まれた契約においては、Go-Shop期間中に現れた有力な競合買収候補を”Excluded Party”に該当すると対象会社の取締役会が宣言すれば、対象会社はGo-Shop期間経過後も当該競合買収候補と交渉を継続することができます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taiigaki.blog62.fc2.com/tb.php/44-a9a6cc3f

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。