プロフィール

Author:井垣太介 (Taisuke Igaki)
日本及び米国NY州弁護士
 @西村あさひ法律事務所

ブログ全記事表示

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

証券会社向け無料出張M&Aセミナー(勉強会)の追加

<銀行向け無料出張M&Aセミナー(勉強会)のご案内>にてご提案させていただいた無料セミナー(勉強会)の対象範囲を証券会社にも拡大させていただきます。

特に、普段からM&Aニーズに触れてはいるが、案件化までのノウハウが十分ではない全国の証券会社のご担当者様との勉強会をイメージしております。

既に銀行向けセミナーについては複数のお申し込みを頂いておりますが、証券会社についてもお待ちしております。

世界GDPにおける日本のGDPシェアは、1990年には14.3%だったのが2011年には8.4%にまで下がりました。日本の一人当たりGDPの世界ランキングについては、2000年には3位だったのが、2011年は18位です。貿易収支、サービス収支ともに大赤字で、日本は世界経済の中心からどんどん離れていっています。

それから、「人口ボーナス」という言葉をご存知でしょうか。人口ボーナスというのは、生産年齢人口の割合の高さが経済発展を後押しする作用のことを言いますが、日本の人口ボーナスは1950年~1990年であり、既に20年前から下降曲線に入っています。中国の人口ボーナスが1965年から2015年、インドの人口ボーナスは1970年から2035年といわれています。ベトナムは1970年から2020年、インドネシアは1970年から2030年です(United Nations, World Population Prospects: 2004 Revisionより)。

今の日本の多くの企業は台頭する新興国に「価格」で負けていると感じていますが、もう数年経てば、「価格」で負ける、「特長」で負ける、「スピード」で負ける、「市場の広さ」で負けるの四重苦が襲ってくると思われます。iPodを売り出したアップルの売上高は2000年には50億ドルしかなかったものが、2012年には6,325億ドルにまで膨らみました。iPodに含まれている技術自体はそれほど珍しいものではなく、いろいろなアイデアを上手に組み合わせて使いやすくし、上手にマス・マーケットに売り込んだ結果です。対して、日本の場合は、皆さん、「うちは技術には自信があるんだけどなあ」とおっしゃいます。しかし、売り方についてはさっぱりだったりします。

これまで大企業の下にぶら下がっていた中小の製造企業はもはや虎の子の技術だけでは生き残ることができず、その技術の「売り方」を学び、作る者と売る者がアライアンスを組んで外需を求めていかなければ、日本の未来はないと思います。日本各地で経済特区とか国際戦略特区といった特区が流行っていますが、政府の認定事業となったからといって道が拓けるとは到底思えません。そのような制度の中で安心してしまうことはかえって危険ですし、やはり、自ら、(使える専門家は使い倒して)他社とアライアンスを組んで、海外にも進出していかなければ、日本企業が日本経済と一緒に沈没することになってしまいます。

というような発想で、全国に有能なFAチームが多数誕生してくれたら面白いと思っています。
ご希望がございましたら、<こちらのフォーム>からご連絡頂きますよう宜しくお願い致します。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taiigaki.blog62.fc2.com/tb.php/200-01e498ac

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。